水戸中央クリニックでレーザー脱毛体験

MENU

水戸中央クリニックでレーザー脱毛体験

医療レーザー脱毛のきっかけについて

わたしは過去から気になっていたのがワキの毛です。ちなみに10、20代の頃はカミソリや毛抜きを使っていました。しかしどちらも時間や手間が掛かる割にきれいな仕上がりにならず、夏場以外は毛を生やしっ放しにしていたこともあります。

 

30代になった頃からは、インターネットを活用して、クリニックの情報を検索するようにしています。医療レーザーの知識を見てみると、何度か施術を繰り返すことが条件と言うことだったので、最寄り駅から歩いて行ける距離の院を利用してみることにしました。自宅からはバスや電車を利用するカタチになりますけど、別な院だとより場所が遠くなるので、水戸中央クリニックに決めました。

 

クリニックでワキの脱毛のステップ

まずは水戸中央クリニックのホームページから聞きたいことをメールでサポートしてもらいました。実際にカウンセリングへ行ったのは、2009年の頃だったかと思います。当日はドクターからレーザーの仕様や効果などを聞いただけで、施術は次回の予約という流れでした。

 

リアルの施術は、タオルワンピースに着替えをしてからベッドの上に横になります。ドクターが肌の状態をチェックしてから女性のスタッフさんが対応してくれる感じです。ワキの部分だったので目で確かめられませんでしたが、はじめにヒンヤリと肌を冷やしてから、お試しのショットをします。

 

これでOKだったらレーザーを連続で照射する流れです。ちなみにお試しと連続で当てるレーザーは感触が別です。軽くショットを当てたときは平気ですけど、さすがに連続するときついです。これを例えるなら、ミシンの針で縫われているような感じです。水戸中央クリニックで扱っているマシンは、冷却が装備されていますけど、ワキのように皮膚が薄い部分の脱毛は刺激がありました。

 

わたしの場合は、ドクターの指示から弱い出力でスタートしていることもあり、きっちりと7回で完了せず、追加して14回の施術を体験しているので、もうすっかりと毛が生えることがありません。

 

クリニックでスネ毛の脱毛体験

水戸中央クリニックでワキの脱毛が完了してからは、足のスネ毛の処理をお願いしました。ちなみにどちらも平日限定のプランなので、通常より安い料金で体験することができます。足の場合はワキの部分より、もっと強い刺激が走ります。

 

しかも幅が広いので、意外ときつく感じたので、スタッフさんに何回も冷却を上げるように言った覚えがあります。

 

⇒その他おすすめの医療脱毛クリニックはこちらから探せます